diary

いろいろ

Like a House On Fire

Asking Alexandriaの6枚目のアルバムが発売されたので一応がっつり触れとこう(・ω・)

iTunesで確認したら1120円で売っててびっくり。単曲だと204円で15曲入りだからお買い得ですよっ(・ω・)

f:id:shoutxjoshi:20200516100756j:image

しかしある意味プライド捨ててるなぁと思いました…。本当にいろんな面で変わっちゃったんだなって実感がわく。

でも音楽性の変化については理解したいと思う。何かに挑戦する時って踏み出す一歩に大きな勇気が必要だし、簡単なことではないというのは自分でも良くわかるんだよね。変化を求めて突き進んだ彼らの姿勢自体にはリスペクトを送りたいなぁと思っています(*^ω^*)

 

とは言え

それとアルバムの評価は別なんですが。。。笑

 

 

最初から最後まで聴いての第一印象は「途中でダルくなる」でした。

曲数の多いアルバムって私の経験上良かった試しがない。アルバムの全体的なまとまりを意識するなら11曲くらいが丁度良いんだよね。ベストアルバムの15曲とは違うから…やっぱりどこかでダルくなる。

そう考えたら1曲1曲の個性も弱いかなぁ。良くも悪くも似たり寄ったり感がある。キャッチーだから聴きやすいってだけ。

最も気になるのはダニーの不自然な声。地声だと曲調と合わないから変えられているんだろうけど、不自然すぎて違和感しかない。しかも曲によって強弱がある。「All Due Respect」はいじりすぎだし、「Take Some Time」は歌い出しで "え?"ってなった。

 

 

MVのコメント欄で海外ファンから「ミキシングに問題がある」って書かれてるのを見てこれがすべてだと思った。

曲自体は悪くないかもしれない。良い曲と思わせるツボみたいなものを押さえてるのはさすがだし。でもそれもミキシングのせいで良さが薄まってるんじゃないかな。

前作の「Into The Fire」を改めて聴いてみると、ダニーの地声が感じられて最高です(´∀`)

 

 

 

当人たちはかっこいいこと言ったりしますが実際のところ基本的にはラジオ向けの商業音楽に魂を売った感じですよね。

加えて人気を支えてくれていたメタルコアメタルコアファンも捨てたので…。明らかに人気に陰りが見えてきてる。

影響力を失ったら終わりのはじまりじゃないかなぁ。フロントマンは特にファンから熱い支持を受けている必要があると思う。バンドの顔だし、支えないといけない立場で責任が求められる重要ポジ。

しかし新譜発売してから一週間の間アクティブに動いていたのはフロントマンのダニーではなくギターのベンだったこと。ダニーは一体何してるんだろう?と疑問に思った。(見えないところで何かしてたのかもしれないけど。)

ダニーが復帰した意味を今考えると、なんだったのかなーって思ったりする。バンドにプラスに働いてるかというと、微妙なとこ。ライブは常に手抜き。好き勝手して責任はベンがとる。みたいなね。

 

新しいサウンドを受け付けないファンを気にしてないアピールしてもどこかで気にしてそうな様子が伺えたり…。ファンから受ける低評価の嵐も擁護してくれるファンが数多くいて話題性に繋がったりすると思うけど。擁護が少なくて比較的冷ややか。

このどこかで道外した感…!どこかで歯車狂った感…!!

 

個人的にはイギリス出身なのにイギリスっぽさが薄まってるところが大きなミスかなーと思う。新譜もUKチャートだと100位圏外だったしね。

アメリカに移住してパートナーもアメリカ人で米軍基地でライブしてイギリスアピールしても自国ファンは納得しないよね。そもそもイギリスとアメリカはライバル同士じゃない?そういう背景も自国ファンが離れた原因のひとつになってそう。なにがあっても支えてくれるのは自国ファンだから大切にしないと!

 

 

結論。

昔のAAを知らない人は先入観なく聴けて気にいるはず。

 

ちなみに気に入った曲はこの曲だけでした。

I Don't Need You

I Don't Need You

  • Asking Alexandria & Grace Grundy
  • ハードロック
  • ¥204

 

 

良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカの闇

アメリカで起きてる事について語りたい。と言っても知識が浅くて勉強不足ですが…。

 

黒人が白人警官に無抵抗のまま首元を押さえつけられて窒息死させられた信じられない事件から黒人差別問題に発展しトランプ批判に繋がってる感じ?

普段政治的な話題に触れないアーティストまで声を上げてるし、トランプ批判までしてるから相当な怒りを感じる。

私はなんとなく全体的な写真でしか見ていないというか動画見たら絶対トラウマになるから見ないという選択をしたんだけど。

素朴に撮影してる人は何?って思う。撮影してる人は何とかして止めることはできなかったの?って疑問。

動画があったからここまで大きな騒ぎに発展したのは言うまでもないけど、撮影してる場合か?

 

人種差別については日本人にとっても他人事じゃないよね。日本人としてではなくアジア人括りで差別受けるみたいだけど。

日本に住んでいたら差別を受けることなんてないからそれが当たり前と思いがちだし日本を持ち上げるテレビ番組が多いからそれが全てだと思ってる人はやっぱりいるだろうし。

 

日本人は好かれてるとか日本の文化は特別だとか日本の女性はモテるとかメディアに溢れる都合の良い情報を鵜呑みにすると危険。

日本に興味がある外国人には好かれてるというだけだし、日本の女性がモテるのは簡単だからっていうある意味差別的な意味合いが隠れていると思うし。何より私はこういう風に思われてることについて憤りを感じる。そういうイメージを植え付けてきた女どもふざけんな。

 

YouTubeで検索すると人種差別を受けたことについて話をしている動画が出てくるから見るべき。現実を知るべき。ですね。

私は結構海外に住んでる日本人の動画をよく見ていて、高確率で人種差別受けたことあるか?って質問投げかけられているのを見ているけどそこで「人種差別なんて受けたことない」という人もたまにいたりする。「もしかすると気付いてないだけかもー」的なノリの人。こういう人は信用できないと思っています。だって嘘なのはっきりわかるから。

どこかで絶対感じ取ってるはずなのを覚えていないと誤魔化すやつね。

素直にこんなことありましたって話してくれた方がこれから海外に行こうとしてる人の為になるし好感持てるのにね。

 

アメリカって自由の国と言われてるけど、美化しすぎてたかも。表面しか見てなかったかも。と思いました。アメリカン・ドリームとか良いイメージだけを見て自由の国だと思い込んでたかな。

自由がないとは言い切れないけど、調べたところによると白人にとっての自由とかそんな理由で表現されてるみたいで…完全に誤解してた。

 

アメリカに住む黒人に自由なんてないのは当然で、いつ差別受けるかわからないから自分の身は自分で守らないといけないと気を張って生活しているというのは間違いないんだけど守るにも守れない時も多くあるのがアメリカっていう現実に絶句する。

日本ってほんと平和すぎるね。

 

 

ふと思ったんだけど…

例えばspotifyでプレイリストを作るとき白人アーティストだらけだったら人種差別に敏感な人に誤解を与えるのではないか?

って普通なら思わないこともアメリカでは過敏になってそうだなって思いました…。

好きな曲をリストにぶち込んでてたまたま白人だらけだったって言っても通じないのかもしれない。

と思ったら私の好きな洋楽アーティストのほとんどが白人ってことに気づいちゃったりする。

でも全然深い意味ない。と言っても信用されないのかもしれないなーアメリカでは。

 

あと。このMVタイムリーすぎる。

f:id:shoutxjoshi:20200602153208j:image

テーマはちょっとズレてるかもしれないけど、似たようなもの?コメント欄見たらメンタルにきた…(´Д`)

https://youtu.be/P8fJ6kwWe8M

 

ツイッターとかインスタとかこの話題ばかりで暗くなっちゃう。正直あんまり目に入れたくない気分にもなるし、好きなアーティストが過激な発言してると、うーんってなるのもあるし。でも知っておくべきことなのはわかっているけど、私にとってネガティブな話題とか事件ってメンタルに影響受けるから身体にはほんとに良くなくてすごく疲れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オブマイスアンドメン…

んー。

Of Mice & Menって日本嫌いなスタッフが混じってるのかなぁ。

このTシャツのデザイン、ドキっとした( ゚д゚ )

f:id:shoutxjoshi:20200507132038j:image

f:id:shoutxjoshi:20200507132525j:image

なぜ今のこの時期にマッシュルーム雲をデザインしたTシャツを作ってしまうのか謎すぎて。

やっぱりどうしても不快ですね。

オブマイスは過去に来日公演の画像にJAPと記したこともありますのでね。

 

気をつけないといけないのは、外国人って悪意に見えない嫌がらせをしれっとしてくるところがあるので気をつけないといけないですよ。

まあでも私はもう今オブマイスに全然興味がないんで音楽性的にも。どうでもいいんですけど。

こんなことがありましたよっ的な意味で残しておこうと思います。

 

f:id:shoutxjoshi:20200507132908j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リナサワヤマ

Spotifyの広告で聴いて

おっ!となった日本人シンガーを発見♪( ´▽`)

イギリス出身らしいリナサワヤマさん。

なかなか好きです!

XS

XS

 

やっぱ幼少期から海外に住みながら英語力を鍛えてきた人と日本で英語を学んできた人とでは当然ながらどえらい差がありますね。

日本から海外へ勝負しに行ってる人たちの英語力にすごく関心があるんだけど

日本語の発声で英語で歌ってる人の声というのはわかりやすくて、囁きながらかつ低音で歌うというのが本当に難しそうな歌い方をする特徴がある。

例えば名前だしちゃうとワンオクTakaさんの歌い方がいつまで経っても違和感が残るのは日本語の発声が染み付いちゃってるからだと思っています。

普通なら学習して上達できる部分だけで十分なんだけど、歌うとなると話は別で。

染み付いてるものを大人になって正していくのは本当に難しいと思うし、海外で成功するのにストレートでぶつかっていくとしたらすごく不利になるポイントだと思う。

現実問題として頑張っても限界というのは見えてきてしまうなぁって。

まあTakaさんにはそれを補う歌唱力があるんだけども、でも例えばcoldrainのmasatoさんは英語ペラペラだけど、歌唱力は並…笑

というのを考えると同じ日本人でも生活環境が違うだけで完成度が違ってくるなぁってリナさんを見て感じましたねぇ。

 

で。ふと思い出したMiletさん…リナさんと同じように良いものを持ってるはずなんだけど。最近の曲や売り方を見てると心配になってくる。

出す曲全てにタイアップ付けていること、値段の違う3種類のアルバム発売と…。

西野カナを失ってしまった代わりなのかな?みたいな。非常に残念な気持ちになる売り方をしてる。

Miletさん自身が何を目指しているのか、どんな歌手になりたいのかがわからないんだけど。ちゃんと自分の考えを持って周りもその意見を尊重できないと、せっかく持ってる長所が生かされずに他の人より英語の発音がうまいだけの歌手で落ち着きそうで。

個人的には海外のアーティストから楽曲提供してもらったりして可能性を広げていってほしいなあ。

せっかく良い物を持っていてもそれを活かせなかったら並の歌手で終わっちゃうから本当にもったいないよ‼︎

 

Tell me

Tell me

  • milet
  • J-Pop
  • ¥255

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mother

新型コロナで大騒ぎの中…In This Momentが新譜を発売した(・ω・)

タイトル「Mother」よ。

国内盤はワーナーから出てるみたい。ボートラ付きで…。CD買うなら国内盤だよねやっぱ(・ω・)ちょっと高いけど。

で。Spotifyで聴いてみたが、なんとなくマンネリ感…。でもわかりやすくITMのサウンドだなー的な曲とあるんだけど。落ち着いてる。

 

Queenの名曲「We Will Rock You」をリジーヘイルとテイラーモルセンの三人で歌っているが。リジーは良いとしてテイラーは「?」。人気先行的な人選だなぁと思いました。

We Will Rock You (feat. Maria Brink, Lzzy Hale and Taylor Momsen)

We Will Rock You (feat. Maria Brink, Lzzy Hale and Taylor Momsen)

  • In This Moment
  • メタル
  • ¥255

 

あとは、「Hunting Grounds」という曲で歌っている男性…初めて知ったんですが、めちゃくちゃ私好みの渋い声してて気に入った(*・∀・)

Hunting Grounds (feat. Joe Cotela of Ded)

Hunting Grounds (feat. Joe Cotela of Ded)

  • In This Moment
  • メタル
  • ¥255

 

っと。そんなところでしょうか。

たぶん、歌詞を理解しないと良さがわからないアルバムなのかも。やっぱ国内盤買え!っちゅーことですね(・ω・)

 

初期の曲聴いてると歌唱力は随分上がってるし、メタル系の女性シンガーの中でも圧倒的存在感で神々しいマリア様…大好きです!

 

 

てか

 

 

 

コロナのおかげで音楽聴く時間が増えてる( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mother

Mother

  • In This Moment
  • メタル
  • ¥1069